メイン画像
border

日本の大学が攻めに出たハイブリッド留学

日本のある大学が行っているハイブリッド留学という方法が教育の現場において話題になっています。ハイブリッドという言葉は車ではよくきく言葉ですが、教育の現場においてはあまり聞きなじみのない言葉です。

ハイブリッド留学というのはどのようなシステムのことを言うのでしょうか。従来の留学では、現地の大学に通い、その国の授業を受講します。そのため、授業を理解するためには英語力が最初から必要となるため、留学するためには英語力判定テストなどで高得点を獲得できる英語力が必要であり、そのことが留学することのハードルを大きなものとしていました。

専門的な授業における英語は日常会話とは異なり、難しい単語や文章が出てきます。そのため、英語力がない人は現地での単位取得は非常に難しいもので、留年の大きな原因となっていました。その欠点をおぎなったのがハイブリッド留学になります。

ハイブリッド留学では、現地での授業を日本から派遣された講師が行います。そのため、海外において日本と同じ内容の授業を受けることができるのです。そのため単位の取得はしやすくなり、大学の留年を心配することもなくなります。
授業は日本語で、日常生活は英語で過ごすことになるため、ハイブリッドという表現がされています。

この方法を利用することによって英語力がない人でも留学を行うことができるようになります。また、この方法によって、従来は必要であった現地の大学への授業料が必要なくなるため、経済的にも負担が軽減されるようになります。

この方法は、英語力が一定の水準に到達するまで待つのではなく、とりあえず海を渡り早い段階から海外での生活に触れることで多くの経験をつみ、英語や外国の文化、風習などに触れることで外国に対するアレルギーや偏見などを減らすことができるようになります。早い時期からの海外での生活は国際感覚を身につけることにつながるようになり、どのような環境においても堂々とした振舞いができるようになります。

また、コミュニケーションのために言語が必要なことを認識するようになり、積極的に自分から言語を学ぶように努力するようになります。現在ではイギリスやアメリカでこのハイブリッド留学を利用することが可能です。

どちらも治安のいい国であり、海外からの多くの学生を受け入れている国です。興味があるという人は、利用することのできる大学への入学を考えてみてはいかがでしょうか。

Newcome information

2015/1/15
「ハイブリッド留学」の事のサイトを立ち上げました